テイルズウィーバー

必滅の地

2015 . 8 . 26

3ヶ月に渡るキャラクターバランシング完了!
全ての力を結集して、いざ滅びの地へ

ストーリー

遥か昔、魔法の戦争でウィザードの王国が滅亡したという。
後に必滅の地と呼ばれるその国土は、滅亡時の影響で空間が歪み、各地に異空間への入口が開く危険な地域になってしまった。

必滅の地が拡大しているという不吉な噂もあり、周辺国家は観測を続けていたが、ある時、必滅の地の南方より大きな空間歪曲を探知する。
必滅の地に隣接する国々にとって、呪われた地の侵食は有事に等しく、アノマラド王国は国家の枠を越えて調査団を編成し、必滅の地へと派遣した。

しかし、アルカディアに到達した後、調査団は忽然と消息を絶ってしまう。

この異常事態に、アノマラドのウィザード機関であるネーニャ・アフリア、すなわちネニャフル魔法学院は、テイルズウィーバーの子供たちに依頼して、独自の調査に乗り出すのであった。

いかにして滅びの大地が生まれたのか。

古の頃、数千年の長きに渡り、栄華を極めた王国が存在した。
その名はガナポリー。
王国民の全てがウィザードであるという魔法国家であった。

ある日、王国の最高賢者ジティシ老人の井戸を覗き込み、異界に転移する。未知の世界を奔流する強大な力に魅せられたジティシは、自らの魂を異界に差し出すという過ちを犯し、その姿を怪物へと変貌させた。

賢者の好奇心と欲望は、平和な王国に死をもたらした。
ジティシと異界の怪物の軍勢が首都アルカディアを蹂躙したのだ。

この惨禍を前に、王の娘エブジェニスは自らに従う真理の円卓のメンバーを引き連れ、夜明けの塔セミロノへと向う。

ガナポリーで最も偉大な神聖魔法、消滅の祈願を詠唱し、崩壊したアルカディアとともに怪物を封じるためだ。

しかし、消滅の祈願が発動した時には、邪悪な力はガナポリー全土まで達しており、大地は破壊の限りを尽くされ、エブジェニスを始めとする全てのウィザードは死に絶えた。

太陽の文明と呼ばれた古の魔法王国は、かくも儚く終焉を迎えたのであった。

かつてボリスとナヤは滅びの地を旅した。

魔法王国の滅亡から一千年。
大地はいまだ荒廃し、災厄の日から時が止まったかのようであった。

王国の民は亡霊となって、滅びの地を訪れた人間の魂を喰らい続け、民に仕えていた人形たちは、帰らぬ主の住処を今も守り続けている。

ボリスとナヤトレイは魔剣ウインタラーの暴走を止めるため、砂漠の町ユルドルイから、必滅の地に足を踏み入れる。
道中でガナポリー最後のウィザード、エフィビオーノとの出会いも果たし、老人の井戸を通って、ウインタラー誕生の秘密に迫るのであった。

※小説「ルーンの子供たち 冬の剣」(著:ジョン・ミンヒ)より。

フィールド

様々な仕掛けが施されたマッシブフィールド。
レベル240のソロから挑戦できる「アルカディア領域」が登場!

フィールドストーリー

ガナポリー魔法王国の首都アルカディアは、千年前に出現した異界の怪物によって、その美しい街並みは徹底的に破壊されました。王国の民は亡霊となり、民に仕えていた人形たちが果てない荒野を彷徨っていて、今では呪われた大地と呼ばれています。

調査隊のキャンプ

アルカディアの中央部に設営したキャンプが必滅の地の唯一の安全地帯です。
ここから3つの広大なフィールド2つのダンジョンにアクセスできます。対象レベルは240~285。中堅からベテランまで幅広いプレイヤーが挑戦できます。

フィールドスイッチ

フィールドボスや異空間につながるゲートの出現、緊急ミッションの指令など、プレイヤーの行動や複雑な条件が絡み合って、フィールドの様相は刻々と変わります。
時にはフィールド上にカエルが出現し、ガナポリーの財宝をもらえることも!?

フィールドボス

フィールドボスが登場すると、アルカディア全体にメッセージが流れます。緊迫感に包まれたBGMに変わり、必滅の地は異様な雰囲気に包まれます。
ミニマップにボスの位置が表示されるので、仲間を連れて討伐に向かいましょう!

異空間

条件を満たすと、異空間につながるゲートがフィールドに出現します。異空間で偶然に一緒になった他のプレイヤーとボスを討伐して、それぞれが報酬を受け取れるボスゾーンや、ミッションを受けて大量の経験値をもらえるモンスターゾーン、そして未知の鉱石を入手できる発掘ゾーンなど、異空間には様々なエリアが用意されています。
中には、オーケストラの楽団がプレイヤーを応援してくれる不思議なエリアも!?

試練の塔

目指せ、100階層!
力のある者だけが登れるソロ専用のボス突破型ダンジョン。

キャラクターバランシングで強化された力を試してみよう!

試験の塔ストーリー

ガナポリー魔法王国のウィザードの修練場として建築された塔です。異界の力によって無限に続く塔になっていますが、100階層にいるボスを討伐すれば、有限の塔として元の姿を取り戻すと言われています。

ウィザードの掟

ウィザードの修行の場であったため、塔には一人しか入場できません。各階層を守護するボスモンスターと戦って、勝利すると次の階層に挑戦できます。1週間に14階層まで登ることができますが、ボーナスモンスターを討伐すると挑戦できる階数が増えます。

階層守護者たち

過去にテイルズウィーバーに登場した様々なボスがフロアを守護しています。
エピソード1のチャプター1に登場したゼリーキングを筆頭に、新しく登場した必滅の地のボスまで、手強い敵があなたを待ち受けています!

デスペナルティなし!

試験の塔の攻略に失敗してもデスペナルティはありません!
レベル240から入場できて、階層毎に報酬が用意されているので気軽に参加しましょう。
そして、100階層を制覇したプレイヤーは特別な報酬をもらえます!

キャラクターバランシング

2015年5月から開始した15人のキャラクターバランシングがついに完了しました。
今まで以上に強くなったキャラクターを使って、試験の塔に挑戦してみましょう!

キャラクターバランシング 15人のキャラクターのバランシング完了!

封印された宮殿

攻略方法が変化する!?
チーム専用のフロア突破型ダンジョン。

宮殿に隠された数々の秘密を解き明かそう!

封印された宮殿ストーリー

ガナポリー魔法王国のウィザードが魔法を研究していた施設です。魔法実験の失敗で異界の怪物を召喚してしまい、宮殿ごと魔法で封印されました。
皮肉にも封印の影響なのか、王国が滅亡した後も宮殿は当時のままで残されています。

特徴のある8個のフロア

フロア毎に異なる攻略方法が用意されています。
宮殿に巣食う亡霊や人形、異界の怪物と戦いを繰り広げながら進んでいきますが、より迅速に攻略するためには、宮殿に仕掛けられたギミックを見破る必要があります。

最小構成は3名から

最小3名、最大8名のチームで攻略できます。
攻略途中にチームが分断される場面もあるため、人数が揃っていても油断はできません。
チームから孤立した時はモンスターとの戦いを避けて、仲間の合流を待つのも良いでしょう。

負担の少ない参加形式を採用!

1キャラクターにつき、1週間に5回まで挑戦できます。
従来の1日1回形式とは異なるため、サブキャラクターも参加させやすく、休日の時間がある時にまとめて遊ぶことができます!

システム

新しい装備

ガナポリー魔法王国で使われていた武具がついに解禁されます。武器は2種類あり、レベル265のアルカ・フォシルとレベル275のアルカ・ブラッドです。
アルカ・フォシルの制作には元となる武器が必要なく、必滅の地で入手できる素材から制作できます。
そして、アルカ・フォシルからアルカ・ブラッドに上位合成することもできるのです!

新しい武器強化システム

インクリスクロールと既存の強化アイテムを使用しない武器強化システムが登場します。新しい強化システムを使った武器で攻撃すると、追加ダメージが付与されます。
また、新しい武器強化システムの場合、強化に失敗してもアイテムは破壊されません!ペナルティは、このシステムを使った強化段階が減少するだけなので、既存の強化済みの武器にも安心して使用できます。
そして、強化の段階に応じて、武器を纏うオーラの光が強くなっていきます!

チーム自動マッチングシステム

2014年9月にリニューアルしたチーム掲示板に、自動マッチング機能を追加します。参加したいコンテンツに自動マッチング申請しておけば、メンバーが揃い次第、自動でチームを編成してくれるようになります!狩りや倉庫の整理など、待機時間を有効に活用できるようになるでしょう。

ソウルリンクシステム

テイルズID配下のキャラクターをリンクさせると、様々な恩恵を受けられます。例えば、ソウルリンク発動中にメインキャラクターで狩りをすると、取得した経験値の一部をリンクしたサブキャラクターでも貰えるようになります!
ソウルリンクは今秋に実装しますので、詳報をお待ちください!

メールアドレスとID登録だけですぐに遊べる!簡単無料登録!

登録するメールアドレスがご本人のものであるか確認するために、まずはメールアドレスの認証をお願いいたします。
携帯電話のアドレスを登録される際は、「@nexon.co.jp」をドメイン指定受信設定してください。